このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

高負荷サイトWeb用サーバー構築

高負荷サイトWeb用サーバー構築

実績内容

アクセスが殺到する人気アーティストの新譜告知特設Webサイトを最小構成で安定運用

16年ぶりに新譜リリースとなった「Hi-STANDARD」の[ Another Starting Line ] リリース特設サイトについて、高負荷が予想されるため当社へ高負荷対応インフラ環境の構築についてご相談頂きました。

今回はCD発売についての事前告知は一切なし、当日突然CDショップにCDが並ぶという販売プロモーションであったこと、絶大な人気を誇るHi-STANDARDの16年ぶりの新譜発売ということもあり、特設サイト公開時にどれほどのアクセスが殺到するか全く予想ができない状態でした。
クラウドサービスであれば状況に合わせてWebサーバー構成を都度変更することができ、突発的なアクセス集中にも耐えることができるため、今回はMicrosoft Azureをご提案しました。

ご相談いただいたのもサイト公開数日前という状況でしたが、短時間で要件を満たすWeb用サーバーの構築ということで、Azure WebApps(自動スケールアウト)、Blob、CDNという構成のWeb用サーバーを構築することとし、初期構築はWebデザインチームで行いました。

システム構成図

Hi-STANDARD特設Webサーバー構成図

Azure WebAppsにWebデータ(HTML、CSS、JavaScript)、Blobストレージに画像を入れ、BlobのみCDNを適用させました。
WebAppsは自動スケールアウト設定を行い、CPU Percentageをトリガーとしています。
WebサイトのデータはAzure WebAppsの機能である「バックアップ」を設定しており、毎日完全バックアップが作成されるようにしています。
また今回は、アクセス解析ツールとしてGoogleAnalytics、Azure側ではWebアプリおよびサービスにおける問題の検知等のためにApplication Insights を利用しました。

※Azure WebAppsでの公開は、期間限定(~2016年10月末予定)となります。

クライアント情報