INFORMATION


短期集中ハッカソン形式ワークショップによる Azure 導入・Biz x DevOps実現を目指すプログラム「Azure Light-up」提供開始

クラウドネイティブ化ソリューションを提供する株式会社オルターブース (本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳、以下 オルターブース)は、ハッカソン形式ワークショップにより超短期BizDevOps実現を目指すプログラム「Azure Light-up」を 2021年1月21日より提供を開始いたしました。

企業自身でAzureを活用し、ビジネス発展させるところまでを見据えた「Azure Light-up」

「Azure Light-up」は、BizDevOps実現を目指すプログラムとして、最短3日間のハッカソン形式のワークショップから構成されるプログラムです。
3日間のハッカソンでは、各企業のプロジェクトの課題やニーズに合わせてMicrosoft Azureや関連テクノロジーに精通したエキスパートを中心としたチームを結成し、数日で顧客企業と一緒に「実用最小限の製品:MVP(Minimum Viable Product)」まで構築します。

このように顧客自身で「つくる」ことをエキスパートが支援することで、最も重要なビジネスの要所を顧客企業自身で考え、ともに実装を体験するプロセスにより、クラウド移行の障壁となっている課題を解決し、さらに顧客企業自身でAzureを活用してビジネス発展できるためのスキル向上を図ることができます。

日本マイクロソフト株式会社 上原様からのコメント

日本マイクロソフトは、株式会社オルターブースの "Azure Light-up" ハッカソンワークショップ プログラムの参画および提供の発表を心より歓迎いたします。
近年の企業競争の差別化要因となる「ビジネスにおけるアジリティ」の実現は、意思決定・アクションをささえる情報基盤も、スピーディに進化していく必要があります。アプリケーション、クラウド、また近年非常に求められていながらも技術的難易度が高く、支援のご要望が多いセキュリティ・アイデンティティ(認証関連)など多岐にわたる技術分野において深い知識・経験を持つエキスパートが在籍する同社は、これまですでに十数社にものぼってプログラムをご提供されているなど、すでに多くの実績をお持ちです。

今回のサービス プログラム提供において、一層多くのお客様のデジタルトランスフォーメーションが実現されていくと確信しております。
今後も一層、基盤となる Microsoft クラウドを進化させることで、日本の社会変革に向けたデジタルトランスフォーメーションを推進し、お客様のイノベーション促進の最初の一歩を踏み出すお手伝いを行ってまいります。

日本マイクロソフト 業務執行役員 Azure ビジネス本部
上原正太郎

「Azure Light-up」へのお問い合わせについて

オルターブースが提供する「Azure Light-up」へのお問い合わせは下記メールアドレスまでご連絡ください。
お問い合わせ先: azurelightup@microsoft.com
※ Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。

本リリースのPDFはこちら

お問い合わせフォームへ