INFORMATION


クラウドインテグレーターのオルターブース、総額約1億円の資金調達を実施

株式会社オルターブース(本社: 福岡市中央区、代表取締役: 小島 淳)は日本ベンチャーキャピタル株式会社、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社スカイアーチネットワークスの計3社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約1億円の資金調達を実施しました。

今ラウンドの引受先一覧:

各社ロゴ

「クラウド化」へのハードルとは

オルターブースは創業以来、クラウドに対する高い技術と知見をもって、多くの企業のクラウド化を受託開発およびコンサルティングにて支援してきました。
コンサルティングを通じて実感しているのは、企業がプロダクト領域と技術領域に多くの課題を抱えているということです。
例えば現状の課題を正しく把握できていない、クラウドへの過剰な期待などが挙げられます。
クラウド化を達成するためにはいくつかのプロセスがありますが、本質的な解決とは現在起こっている課題が解決され、クラウドをフル活用できるようになることです。しかしコンサルティングには限界があり、まだまだ支援の足りない部分が多くあります。

一気にクラウドネイティブへシフト

クラウドマイグレーションをフルサポートするKOSMISCH(コーズミッシュ)

KOSMISCH(コーズミッシュ)はアプリケーションソースコードを解析し、クラウド化するためのレポートを自動作成します。クラウドを使いこなすには従来のシステムをそのままクラウドへ移行する”リフトアンドシフト”では実現することは出来ません。KOSMISCH(コーズミッシュ)を使いソースコードを解析し、クラウドに適した形へ修正することで”クラウドネイティブ”を実現することができます。現在β版として提供しており6月末の正式版リリースに向け開発を続けております。

KOSMISCH(コーズミッシュ)の利用シーン

資金調達の目的

今回の資金調達により、既存事業であるクラウドインテグレーター事業(Cloud Pointer)の地盤を更に固め、クラウドインテグレーター事業で培ったノウハウから生まれた新サービス「KOSMISCH(コーズミッシュ)」の開発と提供を進めていきます。またクラウドネイティブ化技術をベースとした新しいプロダクトの創出を行います。

広がり続けるクラウド市場

2019年現在、国内パブリッククラウド市場は前年比27.2%増の6,688億円となり、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は20.4%で推移し、2023年の市場規模は2018年比2.5倍の1兆6,940億円になると予測しています。(IDC Japan「国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2018年~2023年」)今後この市場はさらに加速していくと考えられますが、その原動力こそが「システムのクラウド化」であり、オルターブースが提供するソリューションであるといえます。

今後の展開

6月末にKOSMISCH(コーズミッシュ)を正式にリリースします。またそれに伴いクラウドマイグレーショントレーニングを提供し、各地でクラウド化の啓蒙を継続していきます。

KOSMISCHロゴ

KOSMISCH(コーズミッシュ)について

クラウドネイティブを実現するため”アプリケーションソースコードを解析する”ことでレポートを作成します。そのレポートを元にアプリケーションをクラウドに適した形へと変化させます。また、APIエコノミーや分散処理、仮想コンテナといった領域で新しいアーキテクチャーとして非常に注目を集めているマイクロサービスをベースとした設計サポート機能により、既存アプリケーションを一気にクラウドネイティブ化することが可能。KOSMISCH(コーズミッシュ)はSaaS型サブスクリプションにてサービスを提供していきます。

KOSMISCH(コーズミッシュ):https://kosmisch.jp/

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。

本リリースのPDFはこちら

お問い合わせフォームへ