INFORMATION


クラウドインテグレーターのオルターブース、クラウドネイティブ化をサポートするKOSMISCH Monolithの提供開始

株式会社オルターブース(本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳)は、現在βリリースしているKOSMISCH Monolith(コーズミッシュ モノリス)を7月5日より正式にリリースします。
https://kosmisch.jp

KOSMISCH(コーズミッシュ)とは

KOSMISCH(コーズミッシュ)はKubernetesやマイクロサービスアーキテクチャー、DevOpsなどのクラウドネイティブを構成する技術の導入を検討している企業向けに提供するコンサルティングサービスとして2017年12月にブランドリリースをしました。
当初のKOSMISCHは依存のないクラウドネイティブ環境の提供を目指していましたが、そもそもクラウド化が進んでいない状況でインフラだけを提供することに疑問を感じ、クラウド化を推進するためのサービスが必須と考えKOSMISCHをピボットさせていきました。
KOSMISCHはクラウドネイティブにするために必要なアプリケーション開発そのものをサポートし、クラウドネイティブへ一気にシフトさせることができます。

クラウドネイティブ化プロセス

KOSMISCH Monolith(モノリス)の提供開始

KOSMISCH Monolith(モノリス)とはお客様が保有するアプリケーション資産のソースコードを解析し、Microsoft Azureをはじめとするパブリッククラウドを実行環境とするアプリケーション構成への改善提案レポートを提供するサービスです。

KOSMISCH Monolithはアプリケーションのソースコードが保管されたGitリポジトリを指定することで、どなたでも簡単にご利用いただけます。
KOSMISCH自体をASP.NET Coreを使って開発しており、Microsoft Azureを実行環境としています。クラウドインテグレーションビジネスで培ったMicrosoft Azureとクラウドネイティブアプリケーション開発の知見を、KOSMISCH Monolithの解析基盤に活用しています。

モノリスの利用シーン

パートナーシップの強化

KOSMISCHを利用したアプリケーション開発をパートナー様へ開放し、クラウドネイティブアプリケーションの開発シーンを活性化させていきたいと考えております。

KOSMISCHのパートナーシップ

エンドースメント

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長 浅野智 様よりエンドースメントを頂戴しております。

日本マイクロソフト株式会社は、株式会社オルターブース様の「KOSMISCH Monolith(コーズミッシュ モノリス)」の正式サービス開始を心より歓迎いたします。
KOSMISCH Monolithを活用することでお客様のアプリケーションのクラウド ネイティブ対応を加速させ、Microsoft AzureのコンテナやKubernetes、マイクロサービス、DevOpsといった最新サービスを最大限活用いただけると確信しております。
日本マイクロソフト株式会社は、株式会社オルターブース様とのパートナーシップをより強化し、お客様のアプリケーションのクラウド化を通じてお客様のビジネスに新たな価値を創造する支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長
浅野智

KOSMISCHロードマップ

KKOSMISCH MonolithはASP.NETで開発されたWebアプリケーションを対象としており、今後は他のプログラミング言語のフレームワークへの展開を計画しております。
また、KOSMISCHはMonolithによるアプリケーションのソースコード解析機能を中心に、クラウドデザインの自動設計やマイグレーションサポートに関するサービスを計画しております。KOSMISCHはさらなる進化のために日々改良を行っており、新機能を随時提供いたします。

ロードマップ

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。

本リリースのPDFはこちら

お問い合わせフォームへ