INFORMATION


オルターブース、6月以降もテレワークを推奨。出社でもテレワークでもスムーズに仕事のできる自由な働き方を目指す

「つまらない世界からもっと刺激のある世界へ変化させよう!」をスローガンに「Cloud Pointer(クラウドポインター)」「KOSMISCH(コーズミッシュ)」などのサービスを提供する株式会社オルターブース(本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳)は、全国で緊急事態宣言が解除された6月以降もテレワークを推奨し、出社でもテレワークでもスムーズに仕事のできる自由な働き方を目指します。

オンラインミーティングの様子

テレワーク推奨の背景

オルターブースは政府からテレワークを推奨される以前の創業期から、「テレワーク(リモートワーク)によって生まれるメンバー間での情報格差をなくす」ことを目標にリモートワークや在宅勤務制度を導入、場所に関係なくスムーズに仕事ができる環境づくりに取り組んで参りました。2020年に入り新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、会社としても在宅勤務を推奨し、サポートにもより力を入れるようになりました。

サポート制度

弊社ではテレワークと出社が混合する働き方に合わせたサポート制度を整えています。現在は全社員に毎月在宅リモート勤務手当を支給、交通費は都度清算し、出社日数によって負担に偏りが出ないよう配慮しています。

今後の展望

現在は新型コロナウイルスの感染が油断できない状況のためテレワークを推奨していますが、本格的にテレワークを実施することで見えてきた課題を随時解決し、出社時と同様のパフォーマンスで業務に臨める体制を整えています。また、セキュリティ面の強化として「ゼロトラストセキュリティ」を採用し、物理的なロケーションやデバイスにとらわれず安全に働けるための対策を講じています。

今後もより一層の体制強化に励み、出社でもテレワークでも従業員全員が最大のパフォーマンスを発揮できる自由な働き方を目指します。

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。

本リリースのPDFはこちら

お問い合わせフォームへ