INFORMATION


オルターブース、LINEと「Microsoft Azure」のパートナー各社による小売業界のDX支援を目的とした共同プロジェクトに参画~LINEのAPIと「Microsoft Azure」を掛け合わせた小売業界向けソリューションの開発及び導入をワンストップで推進、小売におけるフリクションレス・プライスレス・ボーダーレスな顧客体験を実現~

株式会社オルターブース(本社:福岡市中央区、代表取締役:小島 淳、以下 オルターブース)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)および日本マイクロソフト株式会社(以下 日本マイクロソフト)と「Microsoft Azure」のパートナー各社による、小売業界のDX支援を目的とした共同プロジェクトに本日より参画開始いたしますので、お知らせいたします。

新型コロナウイルスの感染症拡大により、経済・生活、行政、働き方、医療、教育、防災など、多様な分野においてデジタル化が急務となる一方で、オンライン手続きの不具合やシステムの不整合など、日本のデジタル化への課題が浮き彫りとなっています*1。オフラインでの顧客コミュニケーションが中心であった小売業界においても、緊急事態宣言などを受け、消費者はオフライン店舗での積極的な消費活動を控えざるを得ない状況にあり、オンラインとオフラインを融合させた顧客コミュニケーションなど、新しい生活様式における小売事業者と消費者の関係性の構築が求められています。
*1 デジタル改革関係閣僚会議 デジタル化の現状・課題
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20200925-mxt_kanseisk01-000010108_4.pdf

このような背景を受け、「Microsoft Azure」のパートナー企業であるオルターブースは、これまでAPIを広く外部に提供し、様々な領域におけるフリクションレスなUXの提供を推進してきたLINEと、クラウドインフラサービス市場における高い技術力を保有する日本マイクロソフトによる、小売業界のデジタル化をUXとクラウドインフラサービスの両方から支援するための共同プロジェクトに参画開始いたします。LINEのAPIとマイクロソフトのクラウド サービス を掛け合わせたソリューションの開発によって、小売におけるフリクションレス・プライスレス・ボーダーレスな顧客体験を実現いたします。

LINEのAPIとマイクロソフトのクラウド サービス を掛け合わせたソリューションの開発によって、小売におけるフリクションレス・プライスレス・ボーダーレスな顧客体験を実現

共同プロジェクトを通じて「デジタル時代の新しい購買体験」を提供

本日より、オルターブースは、LINEや日本マイクロソフトおよび「Microsoft Azure」のパートナー各社とともに、小売事業者のエンパワメントを目的としたDX支援のための共同プロジェクトとして、下記について取り組んでまいります。

本プロジェクトの目的

*株式会社 日経BP出版 「Beyond MaaS」より

本プロジェクトの活動内容

オルターブースが提供しているサービス

オルターブースは、クラウドネイティブ化支援サービスの「KOSMISCH(コーズミッシュ)」や最適なクラウドサービスの利用をサポートするクラウドインテグレーションサービスの「Cloud Pointer」、モバイルオーダーサービスの「FooPass」、ユーザー管理サービスの「れこぐる」などのクラウドネイティブ化ソリューションを提供しています。

※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。

本リリースのPDFはこちら

お問い合わせフォームへ