CASE


開発実績:Gatebox株式会社様

Microsoft Azureのサーバーレスサービスを活用したLINEボットの開発

開発実績:Gatebox株式会社様
©Gatebox Inc.

概要

キャラクターと一緒に暮らすために開発されたキャラクター召喚装置であるGateboxのキャラクター「逢妻ヒカリ」とのコミュニケーションツールとして、弊社がLINEボットの開発を担当致しました。

サーバーレスサービスであるAzure Functionsを中心としたアーキテクチャを設計し、弊社が得意とする.NET Coreを採用してバックエンドシステムの開発を行いました。

工夫したこと

LINEボットはユーザー利用のピークを予測することが難しいため、負荷分散の仕組みを念頭に置く必要がありました。
そこで、キューであるAzure Queue StorageとサーバーレスサービスであるAzure Functionsを組み合わせることで、負荷分散の仕組みを実現しています。

また、LINEボットのバックエンドシステムはすべて ASP.NET Coreで開発しており、Microsoft AzureのPaaS環境で実行できるようスケーラブルな構成にしています。
Visual StudioやAzure DevOpsと組み合わせることで、迅速な開発サイクルを実行することができました。

使用した技術

担当範囲

クライアント情報

事例一覧


お問い合わせフォームへ